手作りのこだわり

■ そばの栽培から製粉、そば打ちと終始一貫して自家製手作り

そばの栽培からすべての工程を自家内でおこなっています。
おそばの奥深さを味わってみませんか。

・おそばを食べていただくまでのこだわりの工程
 ・二八そばの造り方(5人分)   粉:500g(そば粉400g、小麦粉100g)
  水:250g(粉の目方に対して 約50%)

石臼挽き
石臼で、その日の分のそばの実を挽きます。
まるめ
粉に粘りが出てきたらひとまとめにして5分ほど練り上げ、円錐状にして生地をまとめてから上部を手のひらでねじり込むようにつぶす。
切る
生地をていねいにたたんで包丁で均一に切る。

からむき・石抜き
直栽培のそばの実を刈り取り、丁寧にからを剥きます。
石抜きは機械での後ひとつひとつ目でチェックします。
水回し
こね鉢に粉を入れよく混ぜて、水を入れてよく撹拌する。
(両手の指を立てて混ぜ、粉に水をなじませる)
のばし
麺棒を使って生地を四角に伸ばしていく。
(1〜1.5mm厚位)

 ・ゆでる
  1. 沸騰しているお湯(大きなナベ)の中にパラパラとそばを入れてふきあがる迄ゆでる。
  2. 流水にとりこんで、水にさらしながらぬめりを洗い流す。
  3. ざる等にもりつけ、ゆでたてを早めに食べる。